Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーベキュー

5月5日(木) くもり

先日、コーラスグループのバーベキューパーティーをしました。
会場は、ドッグラン付きのカフェ『dog run + cafe slow』さん。
カフェに、庭付きのバーベキューハウスが併設されいて、
炭、網等の道具一式ほか、材料もひと通り(しめの焼きそばまで!)付いてます。

ドリンクだけ買出しすれば、あとは手ぶらで行ってOK!
カフェのメニューもオーダーできるし、トイレも使えます。
今回幹事だったわたしと友人にとっては、大変ありがたいお店です。
お店の方々も、とても感じがよい。

家族参加、ワンコ参加OKだったので、子どももワンコもいて、みんなでワイワイ。
メンバーの2/3以上が参加で、楽しいバーベキューになりました。
心配だったお天気もなんとか持ちこたえ、降り出したのはほぼ撤収時間まぎわ。
無事済んで、みんな笑顔で、よかったよかった。


撤収後は、庭付き一戸建てに一人暮らししてるメンバー宅にて2次会。
昼から飲んで、できあがっちゃってるメンバー数名いましたが、
幹事だったわたしは、酔わぬようにビール一筋でがんばりました。
(昨年末の忘年会は、幹事だったのに酔いつぶれたため。。。)

なんやかんや、カナダ前から続けているコーラス。
気付けば今年で9年目!
最近幹事やることが多いなあ、と思ってましたが、そりゃそうなるわね。
何かと動ける独身貴族だしね( ̄▽ ̄;;;






スポンサーサイト

にっこうかんこう

我が栃木県が誇る観光地、日光。
栃木の名を知らなくとも、日光の名を知っているという方、
全国にたくさんいらっしゃると思います( ̄▽ ̄;;;

東照宮をはじめとする世界遺産の日光社寺は、栃木県にあります!!!
したがって、見ざる・聞かざる・言わざる、の三猿ちゃんたちも、
眠り猫さんも、鳴き龍くんも、栃木県日光市におります。

いつもいつも、たくさんの観光客でにぎわっている日光。
しかし震災後、観光客激減!
なんとまさかの9割減!!!
震災後の自粛ムードと、原発にかかわる風評が影響したようです。

ぴよさんの職場、日光市にあります。
確かに、以前あれだけ見かけていた外国人観光客、
全くといっていいほど見かけません。。。( ̄△ ̄)

そんなわけで、前置きが長くなりましたが、
ぴよぴよニッポン的『ちょっとけーざいまわしてみましょー』第一弾。
まずは地元日光からということで、先日友人達と行ってきました。


まず二社一寺周辺。
この辺りは、思ったより人がいました。ホッ。
たくさんの県外ナンバーの車→観光客さま。ありがたや~。
しかし観光バスはみあたらない。

とりあえず、有名どころ『明治の館』のテイクアウトショップで
友人お薦めのフランスパン購入。
ここで、なにかと話題の高砂親方(元朝潮関)発見!
ここの常連さんのようでした。


いろは坂を登り中禅寺湖方面へ。
渋滞の名所のいろは坂、この日はすいてました。
観光客でにぎわっていたのは、二社一寺周辺だけだったようです。

中禅寺湖前を通り過ぎ、さらに奥へ。
光徳牧場でアイスクリーム買って、
外のベンチで残雪を眺めながら食べました。

その後湯滝へ寄って、マイナスイオンあびてきました。
IMGP1505_convert_20110502104446.jpg


そして、あいかわらずすいているいろは坂を戻り、水ようかんを購入。
日光には有名な羊羹屋さんが何軒かあります。
今回は三ツ山さんで買いました。


せっかくなので、鬼怒川地区にも足をのばしてみました。
この辺は、「日光江戸村」とか「日光猿軍団」とか、
たくさんのレジャースポットがひしめくエリアで、観光客でにぎわっているはず。
…なのですが、GW真っ最中のこの日、閑古鳥ないてました。。。
街が静か。しーーーーんとしてます。
二社一寺のある日光地区より、ここ鬼怒川地区の方が深刻かも。

知る人ぞ知る、この地区の人気スポット『日光おかき工房』に行ってみました。
日光おかきの直販店です。
試食し放題で、たくさんの種類のおかきやおせんべいが購入できます。
休みの日なんかは観光バスが何台も来て、こみ合うらしいのです。
この日はバス1台もとまってません。すんなり入れました。
試食して厳選して、おかき購入。満足。


さて、このまま帰路に着く予定でしたが、
友人がどうしても紹介したい美味しいお店があるということで、今市地区へ。
着いてみたら、わたしの職場の目と鼻の先でした。

日光の天然氷を使ったかき氷屋さん『松月氷室』
わたし含め3名注文の抹茶あずきミルクがけ。
IMGP1509_convert_20110502104555.jpg
のこり1名注文の特上マンゴーミルクがけ。
IMGP1511_convert_20110502104656.jpg

結構な量のように見えますが、ふわふわで
口の中でほわっととけてしまうので、1人でぺろりといけます。
こんなにおいしいかき氷、はじめてです!!
職場から近いので、また来よう。

ただ、ここに寄ったのが夕方で結構気温も低く、
おいしくて完食したものの、最後の方はブルブル震えてしまった。。。
爪もあおくなっちゃって、プール後の子どものようになってた(笑)
昼間とか、もっと温かいときに寄るべし。


そして最後の寄り道は、日光味噌のたまり漬屋さん『上澤梅太郎商店』へ。
ピヨ家は結構たまり漬消費があるので、3種類購入。
みょうが、らっきょう、だんらん(各種きざみあわせ)。

ここもいつも、すごく混みあっているお店です。
でも、このときお客は自分達のみ。
お会計していると、奥から店長さんが出てきて、
「ほんとうにありがとうございます」と、
日光味噌を使ったフリーズドライの豚汁をくれました。

「あの震災後本当に人が来なくなってしまって。。。」
とのこと。

いただいた豚汁には、
「こんなときにありがとうございます。ほんの気持ちです。」
と、メッセージがはってありました。

このたまり漬屋さんがあるあたりには、日光杉並木がはしってます。
ここもいろは坂同様渋滞名所ですが、走ってる車が少なすぎる。
前方にも、後続車も、対向車もいない。。。そんなときが、結構ありました。
ゴールデンなウィークなのに!!

行ってよかったよ、日光!
結局この日1日でわたし達が見かけた観光バス1台。外国人3名。
in ゴールデンウィーク中の日光。∑(゜д ゜)

遠方からの観光客張りに、わたし達が購入したたくさんの土産、
ちょっとは地元けーざいの役に立ったかしら。。。






ほっかいどうつあー⑤

☆3日目☆

ツアー最終日。
ホテルのバイキングは、予想以上に朝食も豪華。
昨日の夕飯での無念を晴らすべく果敢に挑んだけれど、
もともと食べ放題etcで元をとったためしがないバイキング弱者なうえに、
昨夜深夜まで続いた部屋飲みがたたり、今回もあっさり負けた!
夜も朝もの2連敗orz

くやしいので、いつしかリベンジしたい。
次回は寿司も、いくら丼も、ラーメンも、絶対おかわりしてやる!


ホテルを後にして、まずオシンコシンの滝によりました。
IMGP1477_convert_20110308164616.jpg

滝の前まで行くのに、ちょっとした坂を登るのですが、
積もった雪が圧縮されて凍ってトゥルントゥルンです。
転倒者続出!
わたしですか?
当然ころびまくりましたけど何か?( ̄▽ ̄lil
わたしの前に誰もいないでください。


摩周湖に行く途中、硫黄山に寄り道。
その名の通り、近づくにつれ硫黄臭がプンプンしてきます。
活火山で、火口周辺は地熱が高く雪がない!
IMGP1480_convert_20110308164853.jpg
IMGP1484_convert_20110308165154.jpg

その影響かまわりの雪原もそんなに積雪してないんですが、
しかし油断していると、ところどころ落とし穴ばりの穴があいていて、
突然ズボっとはまります!
わたしですか?
当然はまりまくりましたけど、何か( ̄▽ ̄lil
雪合戦してた子ども達と、そしてわたしだけ雪まみれ。。。


そしていよいよ摩周湖へ!
IMGP1498_convert_20110308165521.jpg

ピヨさん、今回が初摩周湖。
「初めて摩周湖を訪れたとき、天気が晴れだと結婚できない。」
という恐ろしい言い伝えがあるらしいのですが。。。
はい。見事に晴れてましたけど何か??!( ̄▽ ̄;;;

20年前に晴れの摩周湖を一緒に見た、という男性二人組みが、
言い伝えどおり2人とも未だ未婚なので、記念にまた二人で来たらしく、
その人たちに写真撮影を頼まれました。
はいちーず。。。

天気良かったから、とってもきれいでしたよ摩周湖。
クロワシやオジロワシも優雅に飛んでたし。
IMGP1497_convert_20110308165418.jpg


帰りは釧路空港から。
時間に余裕があったので、釧路の鶴見台によりました。
名物おばあちゃんが餌付けしているところです。

ちょっと写真が遠いですが、丹頂鶴かわいかった。
赤いベレー帽みたいのがいいね。
IMGP1501_convert_20110308165820.jpg


釧路空港で買い残した土産を買い込み、だんだん現実に帰る心の準備。
2泊3日のかけあしツアーでしたが、本当に楽しかったです。
楽しければ楽しいだけ、その旅の終わりがキリキリせつないのはお約束。
また来る決意を心の中でして、機上の人になりました。




今となっては、この日程で旅にでた自分達に拍手です。
このほんの数日後、あの震災がおこります。
約2ヶ月弱過ぎた今、まだまだ復旧には時間がかかりそうですが、
いろんなことが前に向って動き出しています。

ピヨさん、落ち込んだ日本経済を微力ながらまわすべく、
しばらくは、海外旅行に費やす予定だったお金と時間を、
国内旅行にまわそうと思っています。

いっぱいがんばってるよね、ニッポン!





ほっかいどうつあー④

☆2日目(夜)☆

今夜の宿は知床ウトロの「グランドホテル北こぶし」。
バイキング形式の豪華な食事で有名なホテルです。
部屋からは流氷が見えます。流氷view!
IMGP1445_convert_20110308162832.jpg

夕飯まで時間があったので、ご近所散策へ。
知床は初めて来たけれど、独特の雰囲気がある感じがして、さっそく好きになりました。
その雄大さと静けさが、わたしがカナダを旅した中で一番好きだった場所のひとつ、
ケープブレトンの雰囲気に似てるのかも。
IMGP1448_convert_20110308163233.jpg
IMGP1452_convert_20110308163349.jpg


夕飯は、さすがこのホテルの売りだけあって、本当に豪華なバイキングでした。
海鮮物から洋食まで、北の大地のあらゆるおいしいものたちが大集合!
ラーメンまであったよ。
小市民で小心者のピヨさんは、あれもこれも食べたくて、
でもなんだかどうしていいかわからなくなって、
胸がいっぱいになって、志半ばで満腹になってしまった。とほほ。
翌朝の朝食でのリベンジを誓って、部屋に退散しました。
きょ、今日のところはこれでかんべんしてやるっ( ̄▽ ̄lil


夕飯後は、オーロラファンタジーへ。
むぎわらを燃やした煙にレーザーの光をあてて、オーロラを再現するショーです。
昭和33年、知床に本当にオーロラが現れたらしく、
その感動を何とか再現したいということで始まっそうです。

このトンネルをぬけると、会場です。
IMGP1453_convert_20110308163541.jpg
IMGP1454_convert_20110308163755.jpg

なかなかステキなオーロラでした。煙かったけど。
音響もダイナミックです。
IMGP1465_convert_20110308164152.jpg
IMGP1470_convert_20110308164339.jpg


宿に戻り温泉につかった後は、やっぱり今夜も部屋飲み!

オーロラ号船内で買った流氷ドラフトは、流氷を思いおこさせる青いビール。
すっきり後味で飲みやすい味でした。
IMGP1476_convert_20110308164446.jpg

2日目は流氷三昧の一日だった!!
悔いなし!!






ほっかいどうつあー③

☆2日目☆

この日は、今回のメインイベントである流氷ツアーへ!!
天候等の関係で、直前まで流氷が見られるかどうかわからずドキドキでしたが、
ガイドさんから「流氷いるそうです!」の報告で、テンションMAX( ̄▽ ̄)v

砕氷船「おーろら号」に乗船。
IMGP1428_convert_20110308160501.jpg

いました流氷!感動!!
IMGP1416_convert_20110308155943.jpg
IMGP1417_convert_20110308160142.jpg
IMGP1420_convert_20110308160326.jpg

ほんとうにほんとうに感動でした。
実際見ると、その雄大さと不思議な景色に圧倒されます。
流氷って、地球上でここオホーツク海でしか見られないらしいです。
ものすごく貴重な自然現象。
見られてよかった!


船を降り、オホーツク流氷館見学。
-15℃シバレ体験の部屋に入り、濡れタオルをブンブンまわして固めるという、
なかなか楽しいシバレ体験をしました。

流氷の海のなかまたちも展示されていました。
どいつもこいつもきもかわいい。ピヨさんのツボでした。

おなじみクリオネ
IMGP1433_convert_20110308162000.jpg
赤ちゃんふぐみたいなふうせんうお
IMGP1436_convert_20110308162136.jpg
ポニョ似のなめだんご
IMGP1439_convert_20110308173012.jpg


宿に向う途中、北浜駅に寄りました。
オホーツク海が一望でき流氷もみえる、日本で一番海に近い駅です。
IMGP1444_convert_20110308162639.jpg
IMGP1441_convert_20110308162522.jpg

中国映画の舞台になったとかで、中国人観光客が多いみたいです。
駅舎の中に、中国語でかかれたたくさんのメッセージがありました。

さてこの後は、今夜の宿の知床にむかいます。




Appendix

プロフィール

Author:ピヨ太
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。