Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://piyopiyonihon.blog4.fc2.com/tb.php/122-9bb8885a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

児童文学狂

夏休みに、ひとりで行ってじっくり堪能してきました。
『宮崎駿が選んだ50冊の直筆推薦文展』

visual_convert_20100817113012.jpg

西武池袋店で開催されていた展示会です。
宮崎駿監督が、岩波少年文庫からおすすめの50冊を選び、
直筆の推薦文つきで展示されてました。

この夏公開されたジブリ映画『借り暮らしのアリエッティ』の原作が、
岩波少年文庫の『床下の小人たち』であること、
そして、岩波少年文庫が創刊60周年記念であるということで、
この催しが開催されたようです。

わたし、まだアリエッティは観てないのですが、
原作はかなり前に読んでました。
ピヨさんてば実は、「岩波少年文庫」少女だったからです( ̄▽ ̄)v
幼き頃から海外かぶれだったので、
岩波に限らず、海外児童文学は結構読んでました。

やがて『赤毛のアン』にはまり、物語の舞台であるカナダの小さな島で、
1年近く暮らしてみたりしてしまう、夢見な大人になりました(爆!)

『ハイジ』の影響で、今でも屋根裏部屋が大好きです。
2年半のカナダ生活のうち、4分の1くらい屋根裏暮らし(笑)
金銭的事情でカナダ生活半分はベースメント(地下=床下)。
陽が当たらない床下暮らしも、アリエッティな気分で乗り切れた!

わたしの人格形成に大きく影響した海外児童文学。
その中でも岩波少年文庫は老舗中の老舗です。
今回展示されていたものは、わたし結構読んでました。

ちなみに、岩波に限らず、ピヨさん推薦の児童文学は

『赤毛のアン』
『銀の森のパット』
『小さなエミリー』
『若草物語』
『大きな森の小さな家』
『ハイジ』
『秘密の花園』
『やかまし村のこどもたち』
『ツバメ号とアマゾン号』
『あしながおじさん』
『トムは真夜中の庭で』
『オズの魔法使い』
『かわいい双子』
『二人のロッテ』
   ・
   ・
   ・
どうしましょう。どうしましょう。
完全にとまらなくなってしまった。。。
もっともっとあるんです、おすすめの児童文学!
しかも上記の本も、続編があってシリーズになってるものも多いんです。
シリーズで読むと一段と格別です。
もう収拾つかないので今日はこのへんで~。

でもどれか一冊、どうしても選べといわれたら、
やっぱり『赤毛のアン』になるのかな、多分。










スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://piyopiyonihon.blog4.fc2.com/tb.php/122-9bb8885a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ピヨ太

Author:ピヨ太
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。